「スポーツ外傷・障害に対する手技アプローチ」開催報告

平成2979日 宮本俊和先生の「スポーツ外傷・障害に対する手技アプローチ」を開催しました。


スポーツによる怪我について外傷・障害の違いから、肩関節のスポーツ障害における疾患別の症状及び症状の確認と検査方法。

外傷としての肉離れの特徴と治療に対するアプローチ等、詳細な資料と模型を使って分かりやすく説明をしていただきました。


受講者の方々は,真剣に宮本先生のお話を聴き、質疑応答の時間の際は積極的に質問をしていました。


P1110935.JPGImage-1.jpgImage-2.jpgP1110961.JPG


【 柔整鍼灸臨床研究会のお問合せ 】

全国柔整鍼灸協同組合 東京事務所

東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル8F

TEL03-5745-9030

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、toshinkyoが2017年8月 1日 19:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「◇柔整鍼灸臨床研究会 9月開催のお知らせ」です。

次のブログ記事は「柔整鍼灸臨床研究会 11月開催のお知らせ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。