2015年8月アーカイブ

事務局の小川です。以前、第3のビールを購入してシールを集めて応募すると商品が貰える「絶対もらえるキャンペーン」に応募しまた。

私は「クールクリーミーファーマー」という商品(ボタンを押すとビールをついだグラスに振動が伝わり泡が立ちます)を選んだのですが、先日とうとう届きました。

実際に使ってみると、泡は立つのですがびっくりするほどでもなく、少々期待はずれでしたが楽しませていただきました。

恐らくもう使わないだろうなー。


DSC_0519.jpg


DSC_0521.jpg

北陸旅行その①

| コメント(0) | トラックバック(0)
事務局の猪口です。

先日、夏休みをいただき、北陸旅行へ行ってきました。
今回のメインは福井と金沢です。福井は初めて訪れたのですが、見所満載の観光スポットがたくさんあります!
特に印象的な場所は曹洞宗大本山「永平寺」です。その名の通り全国の曹洞宗の大本山というだけあって、
とにかく境内敷地が広いです。周辺には門前町お土産店が並び、多くの人が立ち寄っていました。
拝観では履物を脱いで、お坊さんによる永平寺の概要を説明を受け、順路の通りに中を見学するのですが、建物の作りや景観は歴史と風情を感じました。

永平寺.JPG
永平寺②.JPG


もう1ヶ所は大野市にある「越前大野城」。
そうです、最近話題の天空の城です。条件が重なった時に雲の上に浮かぶ城のように見える事から、天空の城と呼ばれています。
条件とは10月から4月頃までの明け方から午前9時頃までだそうです。今回は見る事ができませんでしたが、お城からの景色はとても気持ち良かったです。
(※補足ですが、全国の天空の城は他にも、兵庫県朝来市の「竹田城址」、岡山県高梁市の「備中松山城」、岐阜県恵那市の「岩村城址」が有名だそうです。)

越前大野城.JPG

そしてこの街はまさに「城下町」の名残がそのまま残っており、城下町の町並みを散策するのも観光になります。さらに名水の町としても有名だそうで、町を歩いていると
様々な場所に湧き水があり、喉が渇いた時は飲用としても利用できるそうです。
その他にも、敦賀市の氣比神宮や景勝地で有名な東尋坊にも行きましたので写真で雰囲気だけでも感じてもらえればと思います。

氣比神宮.JPG
氣比神宮(福井県敦賀市)↑

東尋坊(福井県坂井市)↓

東尋坊.JPG

次回は金沢の旅行記をお伝えできればと思います!





先週は、夏休みをいただきました。ありがとうございました。

特に何をしたとか、どこに行ったというのはありませんでしたが、毎年この時期の楽しみは三大流星群のひとつ「ペルセウス座流星群」の観察です。

観察場所:神奈川県藤沢市の自宅(マンションの6階)周辺は教会の森など、比較的に緑の多い地区です。
月や近所の家の明りの影響はなく、観察条件はよいと思われます。

8月13日(木)
 21:00 空全体の7割近くが厚い雲に覆われており、今年は駄目かな?
 21:45 風が強めだったのか、徐々に雲が晴れて観察日和になってきました。
 22:13 真上の空、東から西に一筋、オレンジ色の光がスーッと。やったぁ!
 22:39 北の空に、先ほど同様東から西へ、今度はホワーッと速い蛍のよう。
 23:50 かれこれ大小30個ほどの流星を見ることができました。大漁です!

三大流星群のうち、唯一「夏」にやって来る星座なので、たくさん見ることができて満足しました。
流星群だけではなく、この時期は星がよく見えるので、たまには空を眺めてみてください。

ryuuseigun.jpg

スマホの写真なので、まったく見えませんが
ベガ(織女星)、アルタイル(彦星)とはくちょう座の尾デネブがつくる夏の大三角は判り易いので入門編としてお勧めします。

子供の頃、埼玉北部で天の川まで見た記憶があるのですが、今は難しいですね。

いつか、昼神温泉にいって、降って来るような星空をみてみたいと思います。





事務局の小川です。今年も花火大会に行ってきました。毎年必ずどこかの会場で見物するのですが、今回は「江戸川区花火大会」。
河川敷を挟み、一方では「江戸川区花火大会」一方では「市川市民納涼花火大会」が同時開催されました。

私は市川市側から見物いたしましたが、次から次へと上がる花火に終始感動いたしました。

毎年思うのですが、こんなに盛大なイベントを無料で楽しめます。(有料席もあるようですが)行かない手はないですね!

DSC_0579.jpg


DSC_0603.jpg


DSC_0605.jpg

夏祭り

| コメント(0) | トラックバック(0)
事務局の猪口です。
先日、地元近くで毎年開催されている夏祭りに行ってきました。そこのお祭りは御神輿や山車はもちろん出るのですが、「行道獅子」と呼ばれる2体の獅子(雄・雌)が出ることで有名です。通常、獅子というと大人1、2人で獅子の中に入り舞うことを連想するかと思いますが、このお祭りでは2体の獅子に対して、それぞれ約30人程の人数で「木遣り」という掛け声に合せて威勢よく練り上げるのです。商店や民家の中にまで入ってきたりしてとても迫力があり、小さい子どもは近くにくると泣いて逃げ回ってしまいします。
今回は親戚に3歳の子どもがいたので、一緒に連れて行ったのですが、近づいたらやはり泣いてしまいました。。
この獅子の毛を手首や足首に付けておくと、一年間は健康でいられるという説があるようで、翌日親戚の子どもに獅子の毛を渡すと「お獅子なんか怖くないもん!」と強がりながら足首に付けていました(笑)
8月に入りまだまだ暑い日が続きますが、夏を満喫していこうと思います。
DSC_0052.JPG
↑お店の中に入ってくる獅子
DSC_0067.JPG




このアーカイブについて

このページには、2015年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年7月です。

次のアーカイブは2015年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。