東京鍼灸マッサージ協同組合

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

東京鍼灸マッサージ協同組合理事長の上田孝之でございます。新春を迎え一言ご挨拶を申し上げます。


昨年は厚生労働大臣の諮問機関である社会保障審議会医療保険部会の「あん摩マッサージ指圧、はり・きゅう療養費検討専門委員会」での稚拙な議論を何度も傍聴してしまい悲しい限りです。保険者と学識経験者がタッグを組んで施術者側に対峙する2:1の構図であることから回を重ねる度に不利に追い込まれましたあはき療養費にも受領委任の取扱いを働きかけてきた私たち東鍼協の取組みも、検討専門委員会の情けない議論によって、年度内にも「あはき療養費に受領委任を導入しない」結論が出そうです。療養費の運用拡大を目指し、日々療養費問題に取り組んできた私たちにとって残念でなりません。


皆さまのお力添えをいただき、私ども東鍼協も230人を超える治療家団体に成長して参りました。しかし、まだ半数近い組合員の方々が療養費を取扱いません。


 本年は、少しでも多くの組合員の方々に療養費という保険を使って患者さんを治療していただけるように取組みをしてまいります


まずは、償還払いへの具体的対応策を企画させていただき、皆さまに相談申し上げ、組合員が一人でも多く療養費を取扱っていただけますよう尽力します。このことを通じて、本年も鍼灸マッサージ施術に携わる組合員の皆さまとともに力強く歩み、皆さまの一層の飛躍を期して後方から支援させていただくための有益なサポート体制の拡充を目指して参ります。


私ども東鍼協は、2017年も引き続き鍼灸師・あん摩マッサージ師の治療家の方々のお役に立てればとの思いで、私を含め事務スタッフ全員で全力をもって皆さまをお支えして参ります。

                                                              

                                                                                                          東京鍼灸マッサージ協同組合

                                                                                                                    理事長   上   田    孝    之