東京鍼灸マッサージ協同組合

協同組合とは

協同組合は公平が原則
東京鍼灸マッサージ協同組合は、厚生労働省の認可団体です。
協同組合とは、公益と営利を兼ね備え、国または地方公共団体から認可を得た団体です。 協同組合では組合員は平等に出資し、議決権の行使も同等です。出資金は協同組合の財政基盤となりますが、事務手数料等の剰余金が生じた場合は利用量に応じて組合員に還元 (返還)することが認められています。また、組合員に関係のない活動や特定の組合員の みが利益を得るような活動は一切禁じられています。よって、加入者に有利な組織です。


minna_03.gif
協同組合加入のメリット

メリット1
保険請求専用ソフト無償配布!
(電話サポート付)
健保、生保、労災の 請求事務や入金業務も協同組合で行います
わずらわしいレセプトの作成も専用ソフトにより迅速に処理できます。無償配布の専用ソフトにはカルテの整備に必要なデータなどを出力する機能も搭載されています。
メリット2
サポート体制完備
医療過誤保険も完備
医療過誤は決して起こしてはならないものです。しかし万が一の不測の事態に対応するため鍼灸按マッサージ師職業賠償責任保険(全員加入)を完備しています。

危機管理体制も万全
医療過誤など患者さんとのトラブル、治療院経営や組合員自身のトラブル、交通事故に伴う保険上のトラブルなどスタッフが誠心誠意対応します。

 

メリット3
経営の合理化
医療機器や消耗品等が共同購入できる
メーカーから直接仕入れを行うことにより、市場価格より安く購入できます。取扱商品は5,000種類以上と多品目にのぼっています。
メリット4
情 報
業界の情報をいち早くキャッチ
主務官庁などの業務に関する情報をすばやくキャッチし組合員のみなさまに分かりやすくお伝えします。また、㈱日本医療福祉新聞社とタイアップし、「鍼灸柔整新聞」をお送りします。

 

メリット5
各種講習会開催
技術系セミナーから保険実務講習まで
治療技術向上のための手技を中心とした講習やこれからの時代に即した介護保険事務のノウハウや機能訓練講習会、取り扱いを間違えるとトラブルにつながりやすい保険請求実務についての講習など多様な講習会を開催しています。